home event odekake niigata tidimiya
■ 2020
■ 2019
■ 2018
■ 2017
shop
tidimiyaseibeinohitorigoto2020
2020年1月/2月/3月/4月/6月
2020年6月
 2020年4月24日金曜日、午後6時30分。突然その出来事は起こりました。
 緊急事態宣言が発令されている中、店も定刻に閉めて帰宅し明日はゴミの日だからと前々から気になっていた厚紙を部屋で千切っていた時のことです。突然左腕の肘から手先にかけて反応が無くなるというか何も感じなくなったのです。痺れかなと思いカッターを右手に持ち、左手で紙を持とうとするのですが、全ての指に動かそうとする私の意思が伝わりません。腕を持ち上げると肘から先が、操り人形の糸が切れたようにダラーンとなったままです。
 その時はまだ私の身体に何が起きたのか理解できず、自分の足で夕飯の支度をしているかみさんの所に行き、自分の口で「ちょっと、この左の手を見てくれ」と言うと、かみさん「何ふざけているのよ」と一言。私、「何も感じず動かすことも出来ないから医者に行きたい」と説明し、受話器から呼出し音が聞こえる中、かみさんに「口が利けるなら、自分で説明すれば」と言われ、掛かり付けの先生に自ら事情を説明すると、先生「どうも、脳梗塞の疑いがあります」と一言。午後7時から柏崎総合医療センターで夜間外来が始まるから直に行くようにと指示されました。

 ここで始めて事の重大さに二人で気付き、柏崎総合医療センターで内科医の診察を受けました。その先生も脳梗塞の疑いがある、今日はここでの処置は出来ないから、新潟病院を紹介するので直に向かうように、と。先生「奥さんの運転で行きますか?10分くらいで行けますよね?」かみさん「はい」先生「その旨も伝えておきます。」そして新潟病院に着くと、紹介のお蔭で直ちに診察室へ。出て来た医師に少しビックリ。小柄ですごく若い女医先生。すぐに診察し年配の看護師にMRI・胸部レントゲンなどと指示を出し、初めて乗る車椅子で検査室へ。検査が終り診察室へ戻ると先生は自分自身で首のエコーを診たいのでエコーの設備をここに持って来るようにと看護師に指示。私は横になり待っていると、先生、大学のエコーの装置と違うからと看護師に操作の方法を尋ねる。えっと一瞬不安になる。その他 血圧・採血・心電図の検査が終わり、しばらくすると診察室へ呼び出され先生の話を聞く。

 結果、右脳の脳梗塞と診断が下り、先生「今日は帰れません。これから入院の手続きをしてもらいます」。時刻は午後10時30分過ぎ、「まだ、夕飯食べていないんですけど」と言うと看護師さん「もう 売店も閉まっているし、すぐに入院の準備と手続きを行いますので今日はこのまま病室へ。食事は明日の朝まで辛抱です」と返事が。病室に入りしばらくすると「白衣も着ずに私服で済みません」と少し年配の先生がいらして病状の説明があり、今から24時間そして48時間が大事ですので一緒にがんばりましょうと言われても、この頃には指が少し動くようになっていたこともあり、自分の症状がまだよく理解できず「はい」と返すだけでした。 翌日、年配の方の先生が来られ月曜日からの検査の内容の説明と今回の脳梗塞で血栓が出来た場所が左半身の足に障害を及ぼす場所に近かったのが心配なのだとの言葉を聞いて驚きでした。
 入院3日目くらいから、五本の指が自分の意思で動きだし、少しづつ握る力も出て来ました。その後病状の悪化も無く肘から先の症状も回復し、無事5月8日に退院することが出来ました。この病気は発症してからは時間との戦いだと聞きました。新型コロナウイルスの騒動が無かったら発症の日は東京・深川で催事の初日を迎えておりました。また運転中だったら、かみさんが居なかったら、痛みも何もないので睡眠中だったらと考えますと運が良かったと思います。私は突然でしたが、前触れとして頭が痛くなったり、手足が痺れたり、呂律が回らなくなったりしたら、迷わず救急車を呼ぶことだそうです。皆様もお体にはくれぐれも気を付けてお過ごし下さいませ。
 多くの方々に多大なるご迷惑とご心配をお掛け致しました事、心よりお詫び申し上げます。本当にありがとうございました。
pagetop
2020年4月
 「肺炎球菌ワクチン予防接種」に行って来ました。65歳の年に補助が出て、その期限が3月31日に迫っておりましたので接種を受けて参りました。
 昨年7月に受けた健康診断の結果が良くなくて今年1月に全国健康保険協会の方が指導にわざわざ訪問下さいました。私は「特定保健指導」の対象者(いわゆるメタボというやつ)だそうです。今年7月予定の健康診断を受ける前にかかりつけの医師に相談し、その報告をするようにと言われたものですから、ついでに一緒に相談もして来ました。
 私がお世話になっている先生は、面白いと言うか何と言うか・・・。今回も肺炎球菌ワクチンの接種を受けているときの事です。至極真面目な顔で「このワクチンは、今の新型コロナウイルスには効果がありませんのでご理解ください」と一言。私も素直に一言、「はい」と返事をし、何事もなかったように昨年の「健診結果報告書」を見て頂きました。
 そして、その日はワクチンの接種と一緒に血液検査も行い、二日後に伺って診断を聞いて参りました。結果はLDLコレステロールが薬を服用するに値する数に達しているそうです。体重もかなり多く、出来れば70s以下にするよう努力して下さいとのこと、先生に保険協会の方には60s近くまで落とす努力をして下さいと言われましたと告げると、先生、そこまでは良いので70s以下にはして下さい、と重ねて指導。肝機能のγ-GTの数値も高いけれど、これはたぶん肝臓の周りに脂肪が多くついているので体重を落とすことで改善されると思います。そこで先生にLDLコレステロール値を落すにはどうすれば良いのですかと伺うと、これは俗にいう悪玉コレステロールと呼ばれているもので、運動などではなかなか数値の改善は難しいとのこと、じゃ〜どうすればと伺うと先生、薬の投与で速落ちますよとの回答。でも今は少し様子を見ましょうとのこと。
 昨年7月の体重は81.6kg、現在76kgまで頑張って落としました。
 結果、私の目標として7月の健康診断までに体重を70sにすることをわのわ通信をお読み頂いている方に宣言し、目標達成することをお約束致します。
 わのわ通信8月号をお楽しみに!
pagetop
2020年3月
 2月21日と24日に、お客様と小千谷縮・小千谷紬の作り人・久保田康夫さんを訪ね、機織の見学に行って来ました。以前のひとり言でも記したかと思いますが、久保田さんは小千谷で織り人として仕事をしていたのですが、道路の拡張と年齢から一度は機織の仕事をやめようと、息子さんが住む長岡市に同居の為越しました。すると今度は仕事の都合で息子さんが転勤。また夫婦二人の生活に。そんな中、奥様が無形文化財・小千谷縮の5年間の講習を修了し、機織を始めたのを眺めておりましたら、久保田さんに職人魂が再び目覚め、機織を再開したのだそうです。
 工房とは言っても最初は息子さんが住んでおられた住まい、失礼ですが本当に普通の家です。その二階に機を置いて日々制作に携わっています。お伺いした時は小千谷縮のよこ絣の黒地のつなぎ柄が機に掛かっていました。久保田さんの得意とする柄です。単純な柄と複雑な柄をよこに段状に織るもので、普通はコストを考え単純な柄の部分は無地なのですが、あえて柄を入れて織っています。複雑な柄は何種類もあり、普通の人ですと図面や定規を使って規則正しい間隔で織るのですが、久保田さんは入れる柄の順番も決まりは無く、間隔も勘だそうです。そんなことを言っていますが、織り上がった部分を見ると違和感なく素晴らしい出来映えなのが不思議です。織物は普通、織機に経糸を複数反分セットして織ります。今回見せて頂いた小千谷縮は2反分をセットして織っていて、今は2反目。最初の1反はわのわにあります。久保田さん曰く、今織っているつなぎ柄はこれで最後とのこと、こんな絣を括れる人がいないそうです。今、信頼できる括りができる人は久保田さんの知っている中では一人だそうです。その人ですらここまでの絣は難しいそうですし、コストの面からも無理だそうです。久保田さんの織るつなぎ柄の小千谷縮はこれが最後。そして わのわが頂いた縮とは別の柄付けと聞いて、是非とも求めたいと思っております。

 隣の部屋では奥様が重要無形文化財の小千谷縮の制作中です。ご主人は高機で織っていますが、文化財は地機という規定があります。地機とは腰かけて織る高機と違って自分の腰で経糸を張って織ります。姿勢も地に腰を下ろした感じで織りますので大変な作業です。これはこれで大変なのですが、この前の作業がもっと大変なことを今回知りました。今まで無形文化財は簡単に言うと「国産の麻を使用し、糸作りは手績みで行い、地機で織り、最後に雪に晒して出来上がり」と思っておりました。織り人は来た糸を機に掛けて織るだけと思っていたのですが、奥さんが言うには届いた糸をそのまま織ることは出来ず、自分の織りやすい糸にする、という作業があるそうで、今機に掛かっている糸も昨年7月に届き、節を取ったり、繋ぎ目を直したり、一反分を織りやすく整理するのに12月までかかり、今年に入ってようやく織り始めたそうです。織り人が自分に合った糸作りをするとは、どの資料にも書いてないことです。この作業が大切な事と多くの時間を費やすことを、今回初めて知りました。一反を作るのに一年以上の月日を要することに納得しました。

 隣の部屋からご主人のリズミカルな機の音が聞こえてくる中、奥さんは手で績んだ細い麻の糸を一本ずつ丁寧に織っています。奥さんがおっしゃるには織るスピードはご主人の十分の一くらいだそうです。最後に「大変ですね」と言うとお二人から同じ返事が返って来ました。「嫌なら続かないけど、機織が好きだからね」と。
 これからもどうぞお元気で、機織を楽しんで続けて下さい。
pagetop
2020年2月
 や〜参りました!
 昨年31日〜今年1月8日まで正月休みを取らして頂き、10日からの初売りの前半は天候にも恵まれ出足好調と思っておりましたが、定休日の14日に熱が少し出て寒気がしたので風邪かな?と。こんな時は早く寝て体を休めるのが一番と思い、体を温め、アルコール消毒・・・と自分に言い聞かせ、熱燗を飲んで寝ました。翌朝、起きられません。体が言う事を聞いてくれず起き上がれない状態です。
 一瞬、飲み過ぎ?二日酔い?と思ったのですが・・・違う!風邪が悪化したのだと思い熱を測ると38度を超えていました。
 明日からは初売り後半。早く直さなければと思い、早速いつもお世話になっている内科医へ診察に行くと「風邪とは思いますが、念のために検査をしましょう。結果はすぐに出ますので出るまで待合室でお待ちください」とのこと。しばらくすると呼ばれ診察室へ「A型のインフルエンザです」続けて「薬を5日分出しますので、自宅で安静にして下さい」と言われ、私は「先生、いつまで安静ですか?」と伺うと「少なくとも薬の出ている期間ですね」との返事。
 16日はかみさんに店を開けてもらい、私は食欲も無く一人部屋で安静にしておりました。夕方、かみさんが帰って来て「体の調子が良くないから、明日先生に診てもらって来る」と言い、翌日携帯に診察の結果が。「インフルエンザA型だって」。その後かみさんは先生に「これからどうしても仕事で十日町まで行きたいのですが、いいですか?」先生、「インフルエンザですよ。外出せず安静にいていないと・・・」その日から19日まで店は休み。20日までに店を開けたのは7日間。
 私の症状は重く、17日の夜も熱も下がらず寝ていると、布団の重さで胸が圧迫されて眠れなく苦しいので翌朝再度診察へ。心電図・肺のレントゲン・血圧・血液中の酸素量など検査して頂いたのですが異常無く、先生が一言「あなた、ちょっと太っているので寝ると胸の表面が左右に引っ張られて痛くなるのでは?」私「えっ?」と言うと先生苦笑。本気?冗談?最後に先生、
「もう少し安静にして下さい」で終わり。その頃かみさんの方は、熱もさほど出ず、安静にしていなければいけないのに体調が良いと言い、娘のお雛様飾りを出したりと動き回っていました。そして私に「グズグズしてないでシャキッとしたら」と言うのです。同じインフルエンザでも症状がこんなに違うのかと不思議に思いました。
 医者の言う事、薬の効果は凄いです。5日間の薬が終わった翌朝、熱は下がり昨日までとは違って体も動きます。医者の診断に間違えは無かったです。先生、ありがとうございました。
 皆様、今体調も良く元気で店をやっております。良いのか?悪いのか?暖冬で足場も良く動きやすい今日この頃です。お時間が御座いましたら、わのわにお越し下さいませ。

 2月14日から17日の4日間は、バレンタインデーのチョコの受付(笑)と、お越しの皆様に山形の紅花茶と山形のお菓子をご用意いたしましてお待ちしております。
pagetop
2020年1月
 毎年「神宮館九星本暦」を買っています。購入のきっかけは、立春・立夏・立秋・立冬などの二十四節気や、節分・入梅・彼岸などの雑節の言葉も意味も知らなかったころ、ある方に「暦」を買えば言葉の意味やいつ頃使われる言葉かが解るよと教えて頂き、今日に至っております。最近ではテレビなどの冒頭に「今日は大寒、まだまだ厳しい寒い日が続きますね」などと二十四節気や雑節の言葉を耳にすることが多々あります。「暦」では一か月単位で見開きのカレンダーになっていて日々の行事が書いてあります。全国の行事の中で必ず6月16日に柏崎えんま市が載っています。えんま市は名が知れているんだと思います。
 さて「暦」の中には方位吉凶図から生まれた年が九分割されていて、私の年は一白水星に入っています。そして今年の一白水星は変動運・・・“何事も短気を起こさず冷静な判断で行動するとき”とあり、昭和29年生まれの行には“外出時は段差に注意して歩いてください。家の中でも油断ぜず、転倒などにも注意することです”と記されています。他にもいろいろと書いてあったのですが、この二点が気になり今年は足元に注意しながら歩き、何事にも一呼吸してから行動に移ることを心がけたいと思います。
 
 今年で、わのわが誕生致しまして20年の節目の年を迎えます。2002年にフォンジェストリート棟に小売店舗を構え、2013年に現店舗に移転しました。振り返りますと無我夢中で走り続けた20年間だったような気がします。良かった事、辛かった事いろいろありましたが、皆様のお蔭で何とか20年目を迎えることが出来たような気がします。今年は新たなスタートの年と思い、わのわという名の意味をもう一度考え、わのわとお客様の和と輪を広げ、人と人との和と輪も広げて大きな輪を作って行きたいと思っております。
 具体的には、きものを着る機会づくりを数多く提案したいと思っております。皆様も良い案が御座いましたら、ご提案下さいませ。みんなで考え、きものを着る輪を広げて行ければと思っています。ゆっくりかもしれませんが、少しずつきもの好きの輪を大きくしていきたいと思っております。わのわの新たな幕開けを今まで以上にお力をお貸し頂きたくお願い申し上げます。   
pagetop